スポーツ外傷

当接骨院ではスポーツ外傷の治療にも力を入れています。
サッカー、少年野球、柔道、バレーボール、ラグビー、陸上競技、バスケットボール等のチーム所属の数多くの方たちを治療しております。

怪我の機能回復には基本的に「安静と治療」ですが、選手からすると練習を休みたくない、可能なトレーニングをしたいと思っています。

大きな大会が近い! 練習しながら治したい!

という方はご相談ください。
スポーツ外傷とは、スポーツ中に大きな力が一ヶ所に急激に加わることにより、捻挫や脱臼、骨折が発生することを言います。

スポーツ外傷の例

1. 肩から落ちて鎖骨骨折
2. 勢い良く手をついて前腕骨骨折
3. ボールが当たり突き指
4. 急な疾走で太ももの肉離れ
5. ジャンプ着地時の膝関節損傷(半月板損傷、靭帯損傷)
6. 急な踏み込みでアキレス腱断裂
7. ジャンプ着地時の足首捻挫

スポーツ障害とは、同じ運動を繰り返すことで同じ部位に負担が積み重なり発生する痛みです。
ハードな反復練習や適切でないフォームによる運動で発生しやすいものです。発育期の子供では、体力や体型に個人差が大きいので年齢や学年が同じでも個別の運動メニューを必要とする場合があります。

▼ スポーツ障害の例

1. 投球障害肩(ピッチャーに多発)
2. 野球肘及びテニス肘など(手関節のゴルフ及びテニスによる関節炎など)
3. 急性の股関節炎(発育期によく見られる)
4. 膝靭帯炎やオスグッド病や膝関節炎など
5. 下腿にシンスプリントや脛骨や腓骨の疲労骨折
6. 足関節炎や足趾の疲労骨折
7. 踵骨の骨端症やアキレス腱炎など